読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず麦酒

カメラ、飛行機、山登り、デジタルガジェットとか諸々

35mm単焦点レンズ比較1(周辺減光・中心部画質) TAMRON SP 35mm F/1.8 vs Zeiss Milvus 2/35

無駄に同じ画角の単焦点レンズを持っているので、ちょいと比較してみようかとおもいます。たいしたことはできませんけど。

比較するのはこちらの2本

f:id:kintokisyoga:20160703220019j:plain

Zeiss Milvus 2/35(左) TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD(右)

同じ35mmの画角ですが、銅鏡の太さが結構違います。

まぁ、Zeissの方はMFレンズですし、手ぶれ補正もありませんからね。

 

さて、開放で撮ってみましょうか。但し、ZeissはF2、TAMRONはF1.8ですので、F2に合わしてどちらもマニュアルでピントを合わせています。

f:id:kintokisyoga:20160703215318j:plain

Zeiss Milvus 2/35 + Nikon D5 SS1/250 f/2.0 ISO400

f:id:kintokisyoga:20160703215608j:plain

TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD + Nikon D5 SS1/320 f/2.0 ISO400

Zeissの方は結構周辺減光が盛大に^^; それが味でもあるので、私は嫌いじゃないです。

TAMRONの方は開放から0.2段しか絞っていないのに、周辺減光が気にならない。こりゃあすごい!!

 

さて、中心部の画質はどうでしょうか。

f:id:kintokisyoga:20160703221202p:plain

左 TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD  右 Zeiss Milvus 2/35

ピントはライブビューMFで「Don't」の「'」に合わせています。

 

どうだろう。ヒジョーにビミョー。でもなんとなくTAMRONの方がシャープな気がする。

 

ということで煮え切らない結果になりましたが、次回は周辺部画質を比較してみます。

 

                           それにしても、35mm2本は無駄な気が・・・。