読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず麦酒

カメラ、飛行機、山登り、デジタルガジェットとか諸々

たまごの燻製

そのほか くんせい

f:id:kintokisyoga:20160618205552j:plain

1年ほど前からお酒の肴として食べる燻製づくりを始めました。

今回は燻製の中でもお手軽(これ大事)かつ美味い「たまごの燻製」の作り方をご紹介します。

f:id:kintokisyoga:20160618205900j:plain

まず玉子を用意しましょう。私は家で食べる用と職場の人に配ったりするので、1回あたり30〜40個作ります。

冷蔵庫に入れていた場合、すぐに茹でると殻にヒビが入りやすくなるので、茹でる1時間前くらいから出して、常温に近づけます。

f:id:kintokisyoga:20160618210234j:plain

ゆで時間はお好みで。私は黄身の中心がちょっとだけ生なのが好みなので、だいたい7分くらいです。

f:id:kintokisyoga:20160618210324j:plain

ゆで終えたら素早く流水で冷やし、氷を投入。これで殻が剥きやすくなる。

それでも40個剥くのは大変で結構辛い・・・。

f:id:kintokisyoga:20160618210528j:plain

君のじゃないよ。

f:id:kintokisyoga:20160618210622j:plain

さて次は味付け用のタレを作ります。

基本は「めんつゆ」

パーフェクトな調味料なのです。簡単ですし。私は追加で「おろしにんにく」や「鷹の爪」を入れてぴりっとした感じにもします。

f:id:kintokisyoga:20160618210859j:plain

ジップロックに入れましょう。タッパーに入れてつけたりするよりもタレが少なくてすみます。

今回使用した3倍濃縮のめんつゆだと5〜6時間くらいの漬けておけばいいと思います。暑くなければ冷蔵庫に入れず、常温で置いておいてもよいでしょう。漬け終わってすぐに燻製する場合に、玉子を常温に戻す手間がないので。

 

さて、いよいよ燻製をはじめます。

私はユニフレームの燻製器を使っています。おそらく玉子なら1度に60個くらい燻製できる結構大型の燻製器です。

ユニフレーム フォールディングスモーカーFS-600(Amazon商品ページ)

f:id:kintokisyoga:20160618211544j:plain

燻製に使うウッドは下の「さくら」を使っています。

www.shinfuji.co.jp

さて、このまま2時間程度燻製しますが、途中で場所を入れ替えたり、ひっくり返したりします。

で、最初の画像のようなたまごの燻製の出来上がりです。

出来立ても美味しいですが、1日冷蔵庫で寝かせたほうが、燻煙がなじんでよりおいしくなります。

 

自分で酒の肴を作るって楽しいもんです。